読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永上裕之のネタ帳

「メンズファッションプラス」、「非モテ+」と言うサイトを運営しています。日々、奮闘して頑張っております!

ライフハックだと超定番の「優先順位 × 緊急度」の4分類タスク管理が今更ながら超重要だと気づきました。

ビジネス書やライフハック好きな人だと超定番だと思うのですが、

f:id:hiroyukiegami:20160922204249j:plain

このタスク管理の分類表って有名かと思います。

たぶん、この表と出会ったのは約10年ほど前だと思うんですが、3周ぐらいして最近、改めてこの表の重大さを感じています。

でも、こういう「もうこれについては、完璧にできたんじゃないか。」と思って通り越したものが、自分の経験が積み重なっていくことで、自分の浅はかさに気づくことってあるんじゃないかと思っていまして、最近、そういう事態にならないように今まで以上に謙虚に生きないとなと思っています。

「完璧です!」というのは恥ずかしい?

例えばですが、30歳を手前にして思うのが、

・20代前半で疎かにしていた「基礎」を今から修正していこうと思うと、時間がかかる。(一説には、ダメな習慣を過ごした時間と同じだけの時間が修正するのに掛かる)

・「できてる!」と思ってたことには、目に見えていない次のフェーズが必ずある。

ということで、個人的に分析好き人間としては「アクセス解析」や「管理会計」などは、「おお!!これや!!!」というオリジナルの分析手法を編み出した!と思っても、半年後にさらに1/2の工数で分析できる手法などを見つけたりします。

だから、「これで完璧です!」なんてことは口が裂けても言ったらだめで、そんなことを言ってたら、絶対にいつか恥をかくなーと、常に自分に対して思っています。

それは、分析などの数値化された分かりやすいことに限らず、

・仕事(経営)

・恋愛(モテ)

・人間関係(コミュニケーション)

等に関しても、同様だなーと思っていまして、「こうやればモテる!」とか、経営者の方の「こうすれば儲かる!」というような文章をよく目にするのですが、各々は「完璧だ!!」と思っていて発言しても、

 


じゃないですが、周りからは、逆に「成功したという失敗」と思われている場合もあったりして、

 じゃないですが、日々精進していきたいと思います!

「燃え尽き感」に関する非常に参考になるエントリーを発見しました!

コミュニケーション ビジネス

mitene.hatenablog.jp

mitene.hatenablog.jp

にも書いた、個人的に非常に恐れている、「燃え尽き感」に関して非常に参考になるエントリーを見つけました。

newspicks.com

経済的にも満たされ、高級住宅地に家も買った。しかし、社会的な成功を味わった途端に「燃え尽き感」に襲われるようになり、恵まれた状況を維持していくことしか考えられなくなったという。

周囲の社員にも「あのころは一人で仕入れルートを開拓してきた」などと、過去の自慢話を聞かせ、成長せずに止まっている自分をバレないようにごまかしてきた。当然、未来に向けた新規投資を行うこともなかった。

そのツケは2年後に回ってきた。50億円程度あった売り上げが、突然40億円に減少したのだ。

これによって、「仕事をする際には『楽しいかどうか』を優先する。ちょっとアホでちょうどいい」という「ちょっとアホ理論」が生まれた。

 ※有料記事ですので、 詳細は上記記事からご覧ください。

など、非常に現実的な話で、かつ、それを乗り越えたソリューションも明確に示されており非常に面白い記事でした。

マーケットイン、プロダクトアウトに拘らない枠組み

上記の話も関連してなのですが、

newspicks.com

も非常に参考になりました。

<ビジネスの方法>

「好きなこと、得意なこと、誰もやっていないこと」

これを大原則にビジネスを行ってきました。

好きこそものの上手なれで、好きな分野で得意な仕事をすると、高いパフォーマンスを発揮できます。

結果、人々に選ばれる製品やサービスを誰よりも上手に作ることができます。

また、誰もやっていないことをすることで、無意味な競争に巻き込まれず、会社としての存在意義を確立させることができます。

 冒頭の記事も含めですが、どのような「経営哲学」なのか。というのは、こういうシンプルであるが、エッジが効いた判断基準であるというのは、重要なのかなと思いました。

また、前澤さんの判断基準を、あえてマーケットインとプロダクトアウトに当てはめるならば、

好きなこと、得意なこと = プロダクトアウト

誰もやっていないこと = マーケットイン

であり、いい意味で、プロダクトアウト型であり、なおかつマーケットイン型のいい部分も取り入れているのかな。。とか、ちょっと無理やりかもですが、考えてみました(笑)

ここ1、2年の死生観の変化にとも、マーケットイン型からプロダクトアウト型のビジネスモデルに興味が一転してきました。

ビジネス

もうあと4か月ぐらいで、30歳になります。

そういう年齢の変化も含めなのですが、もともと「超心配性」という性格も相まって、「死」について意識することが増えてきました。

それは、特にネガティブだったり、深い意味でなく、「人はいつか死ぬ。では、どう生きるか。」的な、普通な話です。

そういう意味で、ここ1、2年「死」について意識をすることで「死生観」の変化がありましたが、その変化について可能な限り価値中立的に変化をお伝えし、そのうえで、ビジネスモデルへの興味の変化について書いていければと思います。

死生観の変化は「他人の価値観の上で生きるには、もう残り人生は長くない。」ということ

まず、前提として私は特に健康面で大きな問題はありません。ただ、仮に120歳まで生きたとして、残り90年の人生としても、

「残りの人生はそんなに長くない」

と思っています。

それは今の判断スピードやアイディアや実行力が維持できる限界を色々な諸先輩方を見ていると、コアに活動できる期間というのは限られていると思っています。

(もちろん、医学などの進歩により、その期間が延びるのはすごい期待していますが!)

そういう意味で、残りの人生が○○年というよりは、「大好きなビジネスを第一線でできるのは○○年」という年数に対しての意識を強くするようになってきました。

そうなってくるとどうなるか、という例えとして、よくあるのが、新卒の就職先として「両親が”安心”してくれる就職先・至上主義」により新卒の就職先を決めた人が、数十年後に、「あれ?学生時代に両親からあんなに○○に就職しないと自分は幸せになれない!的なこと言われてたけど、楽しい仕事ってもっと色々と選択肢があるし、自分の人生の残り短い人生も、全て両親の安心のために働くものなんだっけ・・・」と思う現象に近いと思っています。

とはいえ、「ビジネスの型を覚える期間」も大事ですので、個人的には「1年目から好きなことだけをやって生きていく!」という選択が、トータルの人生において結果的にやりたいことの最大化ができるかは少し疑問ですが、私の場合、webサービス提供歴は16年、ビジネスマン歴は10年ですので、そろそろ残りの人生は自分がやりたい選択肢を選んでいければと思っております。

その結果、マーケットイン型からプロダクトアウト型のビジネスモデルに興味が一転

前回のブログで、

mitene.hatenablog.jp

というものを書きましたが、死生観が変わることで、結果的に色々なものへの興味も変化してきています。

私はこれをいわゆる「経営哲学」というのかと思っておりまして、

 

mitene.hatenablog.jp

に書いた、

・株主資本と利益剰余金についての考え方
・KGIとして売上至上主義、利益至上主義、PV/インストール至上主義など、どこに重きを置くか
・(30歳を超えた社長の場合)社長個人の仕事のモチベーションは何か?
・10年後の会社の目指す会社の広い意味での規模感(事業内容ではなく)

といった項目以外にも、

・BtoBと、BtoCどちらに軸足を置くか

・マーケットイン型、プロダクトアウト型どちらに軸足を置くか

なども大事だと思っています。

この、マーケットインとプロダクトアウトというのは、

 マーケティングを勉強したことがない人でも、「プロダクトアウト」と「マーケットイン」という言葉は聞いたことがあると思います。改めて説明するまでもないかもしれませんが、念のために確認しておくと、一般的に「プロダクトアウト」というのは技術や製造設備といった提供側からの発想で商品開発・生産・販売といった活動を行うこと、「マーケットイン」とは市場や購買者という買い手の立場に立って、買い手が必要とするものを提供していこうとすることを指しています。

引用:https://www.jri.co.jp/page.jsp?id=6918

が分かりやすいのですが、IT業界でいうと、

<マーケットイン>

・(スマホからガラケーへの出荷台数推移の図を出して)「現在、スマホの出荷台数は劇的に増えており、スマホの出現により隙間時間の活用時間が増え、可処分時間が増え、この時間の奪い合いになります。その為、当社では電車の移動時間などでも活用できるアプリは何か。ということを考え、その結果...」

・「現在の世の中では、××のような課題を抱えており、その××課題を解決するために...」

 

<プロダクトアウト>

・(当社の場合で言うと)「当社の企業理念は、~世の中から「さみしい」をなくす~で、服装による足切りによって恋愛に失敗してしまうという現象を世の中からなくすことで、結果、世の中のさみしいの数を減らす一助となると考えている。そのため、上級者レベル向けでなく、初心者向けの可能な限り使いやすいファッションサイトを、作りたい!」

・「私は、週に4日ぐらい○○に行き、××をして遊んでいます。この××は現在はまだ趣味ではありますが、この××がビジネスになり、もっとより多くの人がこの遊びを楽しんでほしい!と思い、思い切ってサービスを開始しました!!」

 

という感じだと思います。

このプロダクトアウトというのは、実は周りでおススメしてくれる人というのは少ないと思います。そして、その型を体が覚えてしまい、自分の内なるやりたいことがあるのに、マーケットイン型を続けてしまう。という人が多い気がしています。

その現象の理由を、分析してみたのですが、これはアドバイザー側の肩書にもよると思うのですが

<投資関連・コンサルタントのアドバイス>

(これはしっかりと調査できていないので、あくまで仮説ですが)いわゆる、MBAといわれるような経営について体系的に勉強をされる場合、マーケットイン型の内容が多いのかなと思いました。

※あくまでこれは、web上のインタビューなどを見ている印象ですが「世の中の課題を解決するのがビジネスだ」「市場規模から逆算してビジネスモデルを考えるべきだ」「今、××業界がアツい」というような言葉をよく見かける印象があります。

<経営者の先輩のアドバイス>

これは私自身の実体験なので、そこまで外れていないと思うのですが、仮に誰かにビジネスモデルについて相談されたとしても、

・基本は、「自分のやりたいこと(プロダクトアウト)」を、相手のやりたいことと脳内で勝手に変換してしまい話してしまう。(自分がやれない部分を、託したくなる?)

・マーケットイン型の話の方が、どう考えても頭よさそうに見える(相手のリアクション至上主義/実利度外視主義)

なのかな、と勝手に思っています(笑)

 

ただ、全体の大きな理由としては、

「自分は、どうしてもこれがやりたいんだ!!!」

と心の底から思えるものに、出会うには脳内で一定の決まった思考ルートを経由する必要があるお思っていまして(これに気付くのにすごく時間がかかりましたが...)、一歩間違えると、

mitene.hatenablog.jp

にも書きましたが、

 「ホームラン狙い ✖︎ イノベーティブな事業」スタイルの組織のみがスタートアップの成功スタイルであるという考え方

という、「ホームラン狙い ✖︎ イノベーティブな事業」ということが、「自分の中で唯一のやりたいことだ!!」という勘違いを生んでしまう可能性もあると思っています。(もちろん、10年後もそれが本当に心の中からやりたいことだ!と、思い続けれていれば、それは本当のことかもしれませんが。)

私ももともとは市場環境を分析して、狙い撃ちして、ビジネスを当てる!という「手段」自体が好きなタイプだった

最後に、このプロダクトアウトというものが私にとっての「残り少ない人生におけるやりたいこと」であるということに至った経緯を説明したいと思います。

まず前提として、私ももともとは「心の中から湧き出てくるような、やりたいこと!」というのはありませんでした。さらに、ビジネスマンとしてのスキルにも興味があり、色々な本を読みましたし、「分析人間」ですので、

・PV数 → UU → アプリインストール数→ MAU という風な投資家の方が重要視するKPIの変化を、記事などから分析し評価されるKPIや、業界などに寄せに行ったり

・ビジネスのバズワードといわれるものに乗っかかりサービスを考える

ということをし、それが狙い通りヒットすると非常に嬉しかったです。

ただ、「死生観」が変わるにつれ、

・他人の評価の土俵(他人が決めたKPI)の上で頑張ることへの疑問

・一線で働けなくなってから、自分の過去を振り返ったときに、仮に他人の土俵で成果を出し続け、結果手元にすごく沢山お金がある状態よりも、仮に手元に貯金が1円もなくても、自分が心の中からやりたい!と思って作った、プロダクトやサービスが世の中に提供され続けている状態であることの方が幸せであるではないか?という疑問

という、根源的な部分に疑問が沸いてきました。

もちろん、マーケットイン型のビジネスモデルも非常に重要ですし、それが結果的に自分の「心の内から湧き出てくるやりたいこと」と結果的に一致する可能性や、私のように「心の内から湧き出てくるやりたいこと」を続けお金を儲けれないというのは、結果的に逃げであるから、あなたは尊敬できない。といわれることもあるかもしれません。

ただ、繰り返しになりますが、仮に他人にそのように思われたとしても、今の心境としては「自分の残りの人生はもうそんなに長くないんだから、自分の魂の声に従って生きたい!」と思っている。というのが、今の心境です。

 

が、今後どうなるかはわかりませんので、あまり追い詰められているテンションということでなく、ナチュラルに今現在はそう思っている。程度の内容でした(笑)

長文お読みいただき、ありがとうございました!

SNS、ECに続き、「リアル店舗」にチャレンジしたいと思います!それに伴い、ブログ名とデザインを変更しました。

ブログ名

旧ブログタイトル: webディレクターのネタ帳

新ブログタイトル: 永上裕之のネタ帳

 

と変更しました。

デザインも、シンプルなものに変更いたしました<m(__)m>

理由としては、

mitene.hatenablog.jp

 

にも書きましたが、色々な心境の変化があったということと、2013年1月よりこのブログを始めたのですが、当時と状況も色々と変わってきたためです。

ブログを振り返ってみると、人生の中で夢中になっていたものが分かりますね(笑)

いま、がーーっと振り返っていたのですが、

2013年は、旧ブログタイトル通り、「webディレクター」「アクセス解析」に拘っており、特にプレイヤー思考が強かったり、分析におけるパラダイム(固定観念)に対して自分なりの論理的な整理をしていた時期だったと思います。

2014年は、たぶん、過去の自分についての整理をしており、ビジネスモデルについてゼロベースで学んだり、「自分がナニモノであるか」みたいなことに対して、ゆっくりと考えていた時期かと思います。

2015年は、テーマとして「web → EC」に拘っていて、「ECとは何か?」「ECの業界で生きていく覚悟」みたいなものを決意し、「自分なりの言葉」でECについて考えていた時期だと思います。

2016年は、昨日のエントリーに集約しておりますが「30歳を迎える前の事前準備や整理整頓」、「売上やファイナンスに対する自分なりの向き合い方」について整理していた時期だったと思います。

今年からはSNS、ECと別に、リアル店舗運営も開始します

www.fashionsnap.com

r25.jp

などで、有り難いことに既にご紹介いただいておりますが、2016年8月より、メンズファッションプラスの、リアル店舗をオープンさせていただく予定でございます。

「SNS」も「EC」もどちらの業界もまだまだ道半ばではあり今後も全力で頑張っていきたいと思っておりますが、20代最後のチャレンジとして「リアル店舗」運営というものにもチャレンジさせてもらいたいと思っています。

「EC」業界はまだ、webの括りだったのですが、リアル店舗となりますと全然違うように感じられるかもしれないのですが、むしろ、webへのこだわりというよりも、「世の中から「さみしい」をなくす」という企業理念の実現のため、必要な事業である。ということで判断いたしました。

また出店場所も「秋葉原」ということで、「リアル店舗」運営というジャンル以外に、「秋葉原」「アパレルショップ」などなど、0から学ぶことが非常に多くあると感じておりますが、まだまだ自分はチャレンジできる年齢だと思っていますので、0から謙虚な気持ちで、チャレンジしていきたいと思っております!

こちらは、またオープン後、改めてお伝えさせていただければと思っております!ぜひ、ご期待くださいませ!