読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永上裕之のネタ帳

「メンズファッションプラス」、「非モテ+」と言うサイトを運営しています。日々、奮闘して頑張っております!

【2017年1~2月版】最近読んだ & 読もうと思っている本まとめ

面白かった本

 

一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略

一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略

 

 

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

 

 

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

 

  

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

 

 

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

 

今まで、ちきりんさんについて読んだことなかったので初挑戦でした。

 

頭痛をスッキリ治す本 いちばん多い頭痛=緊張型頭痛のすべて (健康ライブラリー)

頭痛をスッキリ治す本 いちばん多い頭痛=緊張型頭痛のすべて (健康ライブラリー)

 

 

いたいコンサル すごいコンサル--究極の参謀を見抜く「10の質問」

いたいコンサル すごいコンサル--究極の参謀を見抜く「10の質問」

 

 

子どもが伸びる!自信とやる気が育つ! アドラー式「言葉かけ」練習帳

子どもが伸びる!自信とやる気が育つ! アドラー式「言葉かけ」練習帳

 

 

機械学習入門 ボルツマン機械学習から深層学習まで

機械学習入門 ボルツマン機械学習から深層学習まで

 

 

ブロックチェーンの衝撃

ブロックチェーンの衝撃

  • 作者: ビットバンク株式会社&『ブロックチェーンの衝撃』編集委員会,馬渕邦美
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/06/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

 

 

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

 

 

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません

 

 

 本でないですが、金融の話に興味を持つうえで、ウォール街の空気感(もちろん、映画ですが)を映像で見て、テンション上げるには面白い作品です!(笑)

ゼロからはじめる株式投資入門 最強アナリスト軍団に学ぶ

ゼロからはじめる株式投資入門 最強アナリスト軍団に学ぶ

 

 

マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾―一番売れている株の雑誌ZAiのNo.1人気連載が待望の単行本化!

マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾―一番売れている株の雑誌ZAiのNo.1人気連載が待望の単行本化!

 

 

たった7日で株とチャートの達人になる!  改訂版

たった7日で株とチャートの達人になる! 改訂版

  • 作者: ダイヤモンド・ザイ編集部
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書

株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書

 

 

月100万円儲ける!「株」チャートパターン投資術

月100万円儲ける!「株」チャートパターン投資術

 

 

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳

 

 

世界一わかりやすい!  株価チャート実践帳 スキャルピング編

世界一わかりやすい! 株価チャート実践帳 スキャルピング編

  • 作者: 二階堂重人
  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2011/06/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

これから読もうと思っている本

小説でわかる名著『経営者の条件』 人生を変えるドラッカー―――自分をマネジメントする究極の方法

小説でわかる名著『経営者の条件』 人生を変えるドラッカー―――自分をマネジメントする究極の方法

 

 

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

 

 

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

 

 

マネーと国家と僕らの未来

マネーと国家と僕らの未来

 

 

外資系コンサル流のノウハウが面白いです。

30歳になり、社会人になってから10年以上が経ちましたので、最近は改めて「社会人としての基礎を再度見直す」ということをテーマにしています。

そこで、社内にあった

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

 

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

 

 

EXCEL売上データ分析 [ビジテク] 2013/2010/2007対応

EXCEL売上データ分析 [ビジテク] 2013/2010/2007対応

 

 辺りを読んでみたんですが、めちゃくちゃ面白いんですよね!(笑)

たぶん、当時読んだときは理解できていなかったんだと思います。

・社会人としての心構え、姿勢

・パワポ、エクセルのショートカット術から作成術

・ロジカルシンキングの重要性

・分析を行う際の、新しい観点

などなど、たぶん、当時読んだときは正確に理解できていなかったのですが、色々と自分なりの哲学が固まってきたうえで、読んでみると面白かったです。

ということで、ちょうど年末年始のタイミングなので、この年末年始は外資系コンサル流の仕事術、ノウハウを色々学びたいと思います!

今のところ下記の本を読んで、色々と実践してみたいと思っているのですが、おススメの本あれば教えてください!

1年目系の本

外資系コンサルが教える入社1年目からの仕事のルール

外資系コンサルが教える入社1年目からの仕事のルール

 

 

コンサルタントが入社1年目に学ぶエクセルの教科書

コンサルタントが入社1年目に学ぶエクセルの教科書

 

 

外資系コンサルが入社1年目に学ぶ資料作成の教科書

外資系コンサルが入社1年目に学ぶ資料作成の教科書

 

エクセル・分析系の本

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

 

 

EXCELグラフ作成 [ビジテク] データを可視化するノウハウ 2013/2010/2007対応

EXCELグラフ作成 [ビジテク] データを可視化するノウハウ 2013/2010/2007対応

 

 パワポ・資料系の本

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

 

 

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)

  • 作者: 大石哲之
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/11/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

マッキンゼー流図解の技術

マッキンゼー流図解の技術

  • 作者: ジーンゼラズニー,数江良一,菅野誠二,大崎朋子
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2004/08/20
  • メディア: 単行本
  • 購入: 10人 クリック: 131回
  • この商品を含むブログ (64件) を見る
 

実例的な本

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

 

 

いたいコンサル すごいコンサル--究極の参謀を見抜く「10の質問」

いたいコンサル すごいコンサル--究極の参謀を見抜く「10の質問」

 

 

「話が噛み合わない」時に考えたい問題解決の5つのステップ

最近思うのが、「話が噛み合わない」状態を解消できる人というのは、仕事をスムーズに進めることができ、さらに、人生を豊かに過ごせるんじゃないのかなと思っています。相手側に

・最初から悪意がない人

・胸襟を開いて話をできる心の余裕がある状態

ということが前提となりますが、基本的に話が噛み合わないのは「こちら側の処理能力」が上がっていけば、比例して短時間で解決が出来るようになると思っています。

その際に大事な考え方として、「アサーティブコミュニケーション」と言い、「相手が間違っている!!自分が絶対的に正しいんだ!」と決めつけず、「相手の意見を尊重し、自分の意見を疑う」ということが重要だと思っています。

例えばですが、「自分は絶対に間違っていない!!」と思って反論をする前に、感情的に勢いで発言するのでなく

・相手の意見を100%正確に理解できているか(脊髄反射的に反論していないか)

・相手の立場に立って反論ができているか(+メールならば誤字がないか)

などを考えることが重要だと思います。

ただ、このようなことで解決しない場合、根深い問題である可能性がありますので、下記のような4つの順番で手前から徐々に「誤解」を解いていくのが良いのかなと思っています。

1:相手から見た、「こちらの認識」を正確に確認する

大前提として、相手の認識は正確に理解する必要があると思います。そのため、脊髄反射をしないためにもメールであれば3度以上見直し、口頭であれば「私の理解力不足で申し訳ないのですが、私の方で正確に理解できていないと思いますので、もう1度教えてもらえますでしょうか。」というようなコミュニケーションを1度行った方がいいと思います。

それでも解決しない場合は、こちらの主張を一方的にするのでなく「なぜ、私が〇〇という(アナタと違う)意見を言っていると思われますか?」(シーンによって表現が悩ましいですが)というコミュニケーションをした方がいいと思います。

こうすることで、「相手の認識」と「相手から見たコチラの認識」が正確に理解できると、誤解が解ける可能性が高いのかなと思います。

2:信頼関係の問題(〇〇さんだから噛み合わない)

「個別の意見」のすり合わせを行っても誤解が解けない場合は、そもそも「〇〇さんが言っているか」という発信者(自分)の問題も疑った方がいいのかなと思います。

もしかすると、「個別の話」と全く別のところで、腹に据えかねることが原因であれば、まずはそちらの話を解決する方が優先だと思います。

3:メタメッセージの理解不足

<2>は、「個別の話」とは別の話ですが、「個別の話」に対してもメタメッセージといい「言葉に隠された裏の(本音の)メッセージ」がある可能性を考える方がいいのかなと思います。

その為、いま議論している「個別の選択」の話はどっちでもよくて、本当に言いたいことが別のところにあるの可能性も考えた方がいいのかなと思います。

4:問題を解決する「公式」が違うから「解」が違う(文化や経験の違い)

<1>~<3>を踏まえても解決しない場合は、もっと大きな視野で考える必要があると思っています。具体的には、「その解(選択肢)を選んでいるまでの思考回路」において食い違いがある可能性です。

例えば、私の経験で言うと、私はサラリーマン時代、計3社で働いていたのですが、会社によってポリシーやカルチャーなどが微妙に違うと感じました。

その為、仕事で言うと「職歴」「社歴」「役職」などで、問題を解決するときに用いる「公式」が違います。そのため、当然、「今話している選択肢の解」も違ってきます。

ここはお互いのことを深く理解するためには、より深い部分まで遡って解が違う部分を探っていくことが相互理解に繋がるのかなと思います。

5:スタートラインである「価値観」が揃っていないと、「解」が違う

最終段階なのですが、<4>の問題解決に用いる「公式」が噛み合っていても、「価値観」という1番最初のスタートラインが違っていると、そもそも「大きなゴール地点」が違うので、選択基準も変わってくると思います。

 例えばですが、「政治哲学」であったり、

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

「教育哲学」であったり、

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 の本を読んでもらえると、この2つだけでも違いが分かりやすいのですが、色々な価値観の選択肢があることがわかってもらえると思います。

もう少し大きな規模で言うと「なぜ人は生きるか?」「なぜ仕事をするか?」みたいなものの考え方が違うことで、「解」が全く変わってくると思います。

例えば、事業選定の際に個人としての哲学があり、その結果、会社に対して

・売上を上げることが最重要

・市場規模を拾上げることが最重要

・社会への貢献度が最重要

というような形で価値観の差があると、選択肢を考えるときに

「<売上を上げることが最重要>という基準で話してたけど、そうじゃなかったんですね!それは確かに嚙み合わないですね!」

というような相互理解が進むのかなと思います。

 

以上です!私も、まだまだ模索中ですので、現時点で考えるステップですので、また変わるかと思います。

ただ、何歳になっても「自分の意見が絶対的に正しい」という風に考えてしまうと、このようなアサーティブコミュニケーションはできないので、その点は大事にしていきたいと思います!

【メモ】最近読んだ & 読みたいと思っている本まとめ。

最近、特に読書欲求が膨れてきているので、共通の知り合いとかできたらな。と思い、読んだ本や、これから読みたいと思っている本をまとめてみます。

ガッツリ語れそうな方いましたら、お気軽にご連絡ください(´▽`)

堀江さん関連

※基本、堀江さんの本は文字数もいい感じの量で、学びが多いので読んでいます!

むだ死にしない技術

むだ死にしない技術

 

 

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 

 

ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~

ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~

 

 

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!

 

 

 アクセス解析関連

実践 Google タグマネージャ入門 増補版

実践 Google タグマネージャ入門 増補版

  • 作者: 畑岡大作(アユダンテ株式会社)
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

心理学関係

二重洗脳―依存症の謎を解く

二重洗脳―依存症の謎を解く

 

 

メンタリズム 恋愛の絶対法則

メンタリズム 恋愛の絶対法則

 

 ※最後の方に、レトリックやテクニックの一覧(本書では、メンタリズム・プチ用語集と表現)と、参考文献集があったのですが、さすがの網羅数でした。そして、海外の文献読み漁れる人は、やはり強いなー。と。

「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく

「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく

  • 作者: アレクサンダー・ロイド博士,桜田直美
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/03/19
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

哲学や考え方など

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 

長島龍人のブラックショートショート

長島龍人のブラックショートショート

 

 

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)

 

 

孔子 (新潮文庫)

孔子 (新潮文庫)

 

 

 

脱マインドコントロール関連

「東京大学」にダマされるな!

「東京大学」にダマされるな!

 

 ライフハック

睡眠はコントロールできる<睡眠はコントロールできる> (メディアファクトリー新書)

睡眠はコントロールできる<睡眠はコントロールできる> (メディアファクトリー新書)

  • 作者: 遠藤拓郎(医学博士)×江川達也(漫画家)
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー
  • 発売日: 2012/10/17
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座

疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座

 

仕事術的な話

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

 

 

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

 

 マーケティング

こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる

こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる

 

 

この1冊ですべてわかる マーケティングの基本

この1冊ですべてわかる マーケティングの基本

 

 

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則

  • 作者: アルライズ,ジャックトラウト,Al Ries,Jack Trout,新井喜美夫
  • 出版社/メーカー: 東急エージェンシー出版部
  • 発売日: 1994/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 17人 クリック: 250回
  • この商品を含むブログ (61件) を見る
 

 

インサイト

インサイト

 

 

ドリルを売るには穴を売れ

ドリルを売るには穴を売れ

 

 

ビジネス書

ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)

ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)

 

  

「胸キュン」で100億円

「胸キュン」で100億円