読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永上裕之のネタ帳

「メンズファッションプラス」、「非モテ+」と言うサイトを運営しています。日々、奮闘して頑張っております!

他人が話している途中に、会話を遮らない人を目指したいと思います。

最近は、マイブームの「ライティング」を学ぶ上で、根本だと捉えている「営業スキル」に着目し勉強しています。

そして、色々な本を読む上で、日々、自分の至らなさを痛感しています。

ビジネスにおけるライティングの本質は「コミュニケーション」

ライティングを学んでいるうえで、ライティングというのは簡単に言うと「相手はどのように感じるか。」をしっかりと考える。という風に整理しています。

ライティングというと、「キャッチコピー」と捉えられるかもしれないですが、キャッチコピーは、単体で1つのジャンルを確立してるぐらい難しいカテゴリだと思っていますが、ここでいうビジネスにおけるライティングは、もう少し長期的なものを想定しています。

例えば、「どのタイミングで、金額を示すといいのか。」という風なものがライティングの肝です。

そして、その裏付けとして「そのタイミングで示されると、●●な理由で、人は●●な気持ちになるから」という風に、全てにおいて、背景にはアルゴリズムとしての「コミュニケーション(人間関係)」が存在します。

私がライティングを学ぶ上で、この点が凄く面白いなーと感じています。そして、こういったノウハウというのは、ライティングのノウハウ本にも書かれているのですが、さらに深くは、「営業マンのためのノウハウ本」にも書かれているという点に着目しています。

ライティングを学ぶと、直接関係ないけど、人生にとって大きな気付きまでもある

その上で私は、色々と調べているうちに、「自分のコミュニケーション能力はどうなんだろう?」と気になり、色々な人に意見をもらっている上で、1番指摘された点が、「(えがみは)他人が話している途中に、会話を遮りがち」という風に指摘されました。

それ以降、そのことを凄く意識して日々生活をしていたら、凄く遮っていました!(笑)そしてこれは、本当に反省し、今後改めていきたいと思っています。今まで、本当にすみませんでした!

ただ、実はこの指摘は、初めてではないのですが、なぜか今回は非常に腹落ちしました。たぶん、これは自分の理解力の差だと思うのですが「会話を遮るのは、よくないことなんだよ。」と表面的に捉えるか、さらに背景にある理由をしっかりと把握し、論理的によくない。と腹落ち出来たからだと思っています。(いや、ややこしい性格ですみませんw)

人としては初歩的なことかもしれないですし、遅い気付きだったのかもしれないですが、また1つ間違いに気づくことができ、良かったなと思っています。

そして、ライティングを学ぶということは、このように自分の不完全なコミュニケーション能力の補正もされていき、非常に面白いな!と思っています。

ということで、ぜひ、皆さんも、ライティング一緒に学びましょう!!

ぜひ、お友達になってください!

興味ある方は、一緒に深夜にチャットやスカイプ音声などで、読書会とかライティングに関しての議論しましょう!facebookでお気軽にご連絡貰えると嬉しいです! 

facebook: https://www.facebook.com/hiroyukiegami (お気軽にフォローやメッセージください!)